• 2020.12.28
  • つぶやき・・・
  • 寒波は事前対策が肝心です

  • 今夜12/28夜から大阪でも寒波が来るとかで・・・

    寒波といえば水道管の凍結破損です。水道管内の水が凍る事により

    体積が約10%増えて管内で膨張した氷が管を破損させます。

    ここで肝として破損を防ぐ方法として露出管の保温がスタンダードですが、

    見落としがちなのが屋外の蛇口や給湯器のバルブの保温です。

    特に北側や風の当たる場所は要注意です。そんな場所への保温対策は

    乾いたタオルで蛇口を覆いナイロン袋でタオルが濡れないように養生する事です。

    給湯器のバルブ(特に金属製)も要注意です、ハンドル部に風が当たり

    バルブ内部が凍ってお湯が出なくなったこともあります。

    外壁に直接ついている蛇口は特に注意が必要です。

    凍結破損が壁の中で起こりますので、修繕の際に壁を壊しての対応となります。

    兎に角外部水栓に直接風を当てないのが肝です。

    明日から弊社も冬季休業に入る事や、寒波が来た際に道路が凍結したり

    雪が積もるとトラックで現場に行くことが出来ません。

    凍結対策は大事ですよ