OSPKの裏側

OSPKは常に現場での作業で

ありとあらゆる状況への対応が求められます。

パーツ交換なども様々なメーカーやパターン

が存在します。

当然初めての物も多く、現場での正しい判断、

更には修理には高度な技術が要求されるため、

作業時に疑問や??と感じた時は

知識と技術向上を兼ねて

分解作業を行っています。

このパーツは破壊しながらでないと外せない。

そこからうまく外す方法を考えたり、

治具を作成したりと進んでいきます。

その積み重ねられたものが

確立された技術となり他の作業などにも

応用出来るようになり、日々進化しています。

(35年ほどですが・・・)

そしてここ最近の気になる事が

多く修理を行っている洗濯埋め込み水栓。

正直修理がかなり難しいです。

(この水栓のお陰で、かなりの工具が入れ替わりました。

良いのか悪いのか・・・)

幸い現行販売しているので

疑問に思っている部分を解決するために

商品を仕入れてみました。

なるほどね~新設の時は架橋ポリエチレン管を

差し込んで閉めるだけなのね・・・・

圧倒的に修理の方が大変ですね。

この商品に関しましては、オーバーホール部品代と

商品代がほぼ同額でしたので商品在庫に切り替えます。

(もちろん部品も在庫します)

まあ、こんな事を空き時間が出来た時に事務所で

やったり倉庫でやったり・・・

日々前進のOSPKです(^^♪