絶望からの脱出(MYM/MS6811)

浴室シャワーの水が止まらない・・・

そんなご依頼でメールいただきました。

水栓はMYM/MS6811というユニットバス

専用水栓です。KVKに展開図を出してもらい

切り替えカートリッジの在庫を確認すると

廃番で供給無しの回答でした。

写真や図面から見ても汎用品に

交換する事が出来ないのは容易に理解できます。

あちこち部品を探しましたが、全国どこも無し。

ユニットバス全体交換でしか治せない・・・

いや、何とかなるかも?

ご予約いただいた2/16AM9:00に

現地にお伺いして

天井裏から床下まで見て回り構造を把握。

配管の入れ替えが行えない事が分かり、

もしも壁と水栓の接続部が、Rc1/2ねじなら

汎用水栓へ交換できるかも?

ここから先は後戻りは出来ないと理解しつつ

お客様に万が一最悪の状況も伝え

お客様了承のもと可能性を求めて

分解してみました。

ドキドキしながら接続部を分解。

残念ながらRc1/2ではなかったので汎用品が

取り付けられません。

頭が真っ白になりました。

万事休すか?

いやまてよ・・・

サイドパネルをめくってみて

ここから接合替えすれば何とかなると閃く。

AかBにデッキ型水栓を取り付ければ

何とか出来る。

一旦事務所に帰って、水栓選びを行い

お客様に即メールして

水栓はお任せとの事で、

仕様は選べるのでクリック無しモデルを

チョイスされました。

TOTO/TBV03423J

すぐに問屋さんに注文入れた後

何気に在庫棚を見てみると

!!!!!!!

在庫あるやん!

お客様に在庫があったことをお伝えし

お昼から緊急オペ開始です。

早速現場でイメージを伝え

お客様はBへの設置を希望されました。

そして手術開始です!

まずは浴槽奥の湯水流入部を外し

古い配管を取り出します。

古い水栓を外します。

カウンター裏の補強部分を書き出して

補強部と干渉しないよう

水栓の取り付け位置を決定します。

穴をあけます。

カウンターの厚みと配管を通す位置の関係で

脚部を切断します。

切断後にパッキン接合部の

面を削り出して水平を作ります。

(ここが一番難しい)

接続完了。バックガードの穴を使い

フレキ管を通していきます。

(気持ちいいくらい狙い通り)

パネル内に収まるようにするのは

なかなか難しいです。

そして浴槽奥で接続完了。

旧壁水栓への湯水の配管も同時に撤去ですね。

あとは水栓部の組み立てです

完成です。次に壁穴の補修ですが、

今日の今日作業ですので

出来る事に限りがありましたが

ちょっと笑いを入れて

SUS丸プレートで動物の顔をイメージして

シリコン処理後に貼り付けてみました。

(鏡など取り付けると完全に隠せますね)

最後にアンダーパネルを取り付けて完成です。

2時間半ほどで作業終了し

自由な発想と確かな技術炸裂でした!

私もお客様も当日対応でしかも改修完了に

大喜びで、更に私事ですが娘が高校卒業と

同時に大学にも合格した連絡が入り

私もテンション爆上がりしました。

こんな良いことづくめの日もあるんですね~