マスクマン水栓

一気に冬将軍到来でついていけてないOSPKです。

さて今日ご紹介する水栓はこれです。

過去にフェイスブックでは記事にしたのですが、

何処の誰だか分からないマスクを被ったレスラー水栓。

実はMYM/MS6000シリーズなのです。

シャワーからポタポタ水漏れと言う事で

止水部分のパーツ交換で対応させていただきました。

水漏れも直り修理は完了!ですが、問題はここからです。

今後部品で対応出来ない(漏れが止まらない)場合は、

水栓の交換で対応するのですが、

このマスクマン水栓はそうはいかないのです。

何故なら、マスクを外して水栓交換した際に、同じ水栓が無く

形が変わってしまうために交換した水栓に

マスクを被せることが出来ません。

じゃぁマスク被せんかったらええやん!という話になるのですが、

配管むき出しになってかっこ悪いのは勿論、防水対策も

出来ない可能性があるので、頭が痛いところです。

最悪ユニットバス総入れ替えも視野に入れて

考える必要がありますね。

同じ水栓をお使いの方は、お風呂リフォームも

視野に入れておいた方がよろしいかと思います。