洗面化粧台交換

今回のネタは、洗面化粧台交換。
壁内給湯銅管漏水修理しながら、
壁補強入れて洗面化粧台交換。

まずは、玄関から洗面室まで床養生


作業スペースは資材も置くので二重に養生します。


洗面化粧台撤去


壁を開口するので、洗面後も床養生


オペ開始です。
とにかくビックリな仕込み方。
有名ハウスーメーカーとは思えん仕様。
壁の立ち上がり部の途中でソケット接合。
ここから床下に漏れてたみたいです。


こりゃあかんわ。
どうりで配管ぐらぐら・・・


限られたスペースの中で十字架仕様で下地を入れて
樹脂管を仕込みます。
当然床下までソケットは無しです。


床下で既存の銅管と接合。


壁に化粧台、鏡、吊戸棚のビス位置をけがき、
最小に壁開口しながら、コンパネ下地を入れていく。
下地を入れた後は、切り取ったボードを復元していきます。
復元後の写真撮り忘れました・・・


そして化粧台を設置して配管接続。


手術跡は全く見えません。
TOTO Aシリーズ化粧台です。

その他水栓交換を一気にやる。

疲れたけど、なかなか良い感じに出来たと思います。
今夜は良く寝れそうです(^^♪
あっ!
私1人ですよ、作業してるの。