市施設の便器交換

今回のネタは、市施設の便器交換です。


よく詰まる便器だったのですが、
原因が便器なのかフラッシュバルブなのか分からず、
便器もフラッシュも廃盤品で、特にフラッシュは
古く修理が出来ない事や、便器の破損が原因かも?
と考え両方交換で対応しました。


解体しながら原因を探った結果、
便器内や排水管内に何かが詰まっていたのではなく
犯人はフラッシュバルブの劣化に伴う洗浄水量減少でした。


原因がはっきりして良かったです。


最近のフラッシュバルブは
水量調整もしっかり出来るので進化しています。
もう旧タイプは修理より交換ですね。
そっちのほうが絶対いいです(^^♪

今回の誰もいない市施設での孤独な作業。
めっちゃやりやすいやん!
いつもは見られながら時間規制がありながら
作業をする私にとっては、楽しい作業時間でした。